大阪で勢いを伸ばしている専門学校とは?

勢いを伸ばしている、より多くの学生の興味関心を引いているという点では、「IT関連」の専門学校ではないでしょうか。その理由は、スマホユーザーの増加により、アプリ開発やシステム開発の仕事に携わる人口が増えてきていることにあります。みなさんも片手間の時間で、スマホゲームに夢中になった経験があるのではないでしょうか。スマホアプリ市場はこれからも発展していく可能性が多いにあります。専門学校で学んだ技術や開発に関するノウハウは、即仕事に活かせるスキルとなっていくでしょう。その知識や技術を基にして、新たなサービスの開発や市場の発展なども活かせることにもなるのではないでしょうか。また「IT関連」の業種については、比較的、自由にアイデアを発想できる雰囲気が人気の理由にも繋がるのではないでしょうか。

その他の業界として、やはり安定して成長し続けているのは、「医療系・福祉系」の専門学校です。「医療系」の理由としては、専門学校で学ぶ技術ももちろんですが、卒業する段階での資格取得が即就職に有利に働き、また高収入に繋がる可能性があるからとも言えるでしょう。「福祉系」については、少子高齢化が進む現在社会の中で、ますます福祉・介護に携わる人材が必要とされていくことで、就職しやすい業界とも言えます。
また福祉系で働いていく中で、資格取得もキャリアアップへと繋がっていくでしょう。

その他、興味・関心が高くなっている業界として、「農業」も若者に人気が出ている業界です。テクノロジーが年々進化しており、大手企業から中小企業まで、ノウハウや栽培について、さかんに技術参入が行われている業界です。現在ではそこまでメジャーな業界ではありませんが、環境問題や温暖化、地球環境に興味を持っている学生は、そういった業界を視野に入れ、ノウハウや技術などを身につけることで、地球環境を背景としたやりがいのある職業に就労する事も可能になるでしょう。身につける技術も特殊なため、より具体的な進路をイメージし、自身の目標が達成する専門学校へと進学することが重要になってくるでしょう。

やはり人気がある専門学校の動向として、社会的な問題と、これから必要とされているサービスの存在が、大きく影響しているのではないでしょうか。
専門学校の期間は、2年から3年という短い期間ですが、そこで学んだ知識や技術は今後何十年と働いていく上で、多いに役立つものになるでしょう。
ただ単に社会的な流れに全てを委ねるのではなく、「自分自身」がどういった進路につきたいのかを考えていく中で、より具体的な将来像を描いてくことが重要ではないでしょうか。

大阪の専門学校がよく集まっているエリアとは?

大阪に存在する専門学校が集中しているエリアはどこなのでしょうか。比較的、多くの専門学校が集まっているエリアを区別に調べてみました。

まずは、「中央区」と「浪速区」が9校となっています。
「中央区」は大阪のビジネスエリアですね。道路は碁盤目状で、市内の他地域と比較すると整備が進んでいます。なお、余談ですが、「中央区」は、2010年に行われた国勢調査速報で、対前回比人口増加率が17.9%増になり、政令指定都市の行政区の中ではトップとなったようです。ビジネス街の他にもタワーマンションの建設が進み、人口増加に拍車がかかったかもしれません。
「浪速区」は意外ですが、日本一面積が小さい行政区のようです。あの有名な「通天閣」の地域ですね。「浪速区」にある、代表的な専門学校は「大阪動植物海洋専門学校」「大原外語観光&ブライダルビューティ専門学校」などです。やはり人が集まり、活気があるところに自然と専門学校も集まるかもしれませんね。

続いて、「阿倍野区」と、阿倍野区に隣接する「西成区」では、両区合わせて専門学校は10校です。「阿倍野区」は梅田、心斎橋・難波に次ぐ大阪の「第三の繁華街」として関西地方でも有数の商業集積地となっています。「あべのハルカス」も大きな商業施設となりましたね。
「西成区」は、阿倍野と隣接する地域で、木造アパート、マンション、工場が多く、住宅地と工業地区が混在した下町になっています。海外からのバックパッカーも多く呼び寄せています。代表的な専門学校は「大阪辻製菓専門学校」「関西外語専門学校」などです。

「天王寺区」は、15校になっています。
大阪の南のターミナル駅である天王寺駅の周辺に商業地域が広がり、戸建て住宅やアパート等の低層住宅も一部地域を除くと少なく、ビルやマンションなど土地の高度利用が進んでいます。「大阪情報コンピューター専門学校」「大阪電子専門学校」です。

続いて「淀川区」は、比較的多く20校あります。ここは「新大阪駅」がある地域です。駅周辺はベンチャー企業などが集積している地域です。1990年代以降の再開発により、駅北口を中心に高層のオフィスビルが建てられ、現在では大阪市の副都心に指定されています。代表的な学校は、「大原簿記専門学校大阪校」「大阪文化服装学院」があります。

そして、最多の「北区」は、なんと44校もあります。
梅田から中之島に掛けて日本屈指のビジネス街となっており、また企業の本社・関西支社などの拠点や放送局なども集中しているのが大きな特徴でもあります。そういった理由でも、マスメディアや芸能・音楽関連の専門学校も多く存在しています。「大阪デザイナー専門学校」「大阪医専」などです。

以上、地域別に見た専門学校の状況でした。

大阪で発達する医療分野の専門学校

医療分野の専門学校について、その種類は多岐に渡ります。
医療系の業種を挙げていけば「看護師」「臨床検査技師」「歯科衛生士」「歯科技工士」「放射せん技師」「理学療法士」「作業療法士」など。
ここに記載した以上に、まだまだ存在しています。
過去の統計からいくと、医療系の専門学校へ進学を希望しているのは、全体の専門学校進学者の3割以上と言われています。
では、その人気の理由はどこにあるのか。調べていきましょう。

まず1点目は、先ほど挙げた業種名「看護師」「臨床検査技師」などについて、医療系の専門学校は、基本的に学科・コースの名前を見れば、目指せる職業がわかります。そしてほとんどの資格が国家資格になっていますので、それぞれのコースの指定するカリキュラムを修了すれば、国家資格の受験資格が与えられます。資格を取得できれば、そのまま就職に有利に働くのです。就職率100%の実績を目指している学校もあるほど、「医療系」専門学校は、就職に強いのが非常にメリットになっています。就職と資格取得に強いことが医療系専門学校の人気の理由です。

2点目としては、医療系の専門学校で目指せる職業は、4年制や6年制の大学の学科でも目指せる場合が多くなっています。「看護師」ならば「看護学科」といった具合ですね。
その点で、医療系専門学校の課程の多くは2・3年になっています。大学の授業に比べれば、時間割がきっちり決められ、専門的な内容を学んで行きます。
そのため、早く社会に進出し、仕事の経験を積んでいけることは、専門学校のメリットと言えるでしょう。今後のキャリアプランの形成にもより早い時期から考慮することも可能になっていきます。

また、福祉業界についても,少子高齢化が進むことによって、「介護福祉士」や「社会福祉士」などの資格の人気も上昇しています。介護業界は、依然として介護人口の増加と反比例し、人材不足の状況になっています。また医療系よりもやや賃金が割安になっており、なかなか福祉業界の進路を選ぶ人も多くないのが現実です。ですが、福祉の仕事は、直接利用者様や患者様と関わることも多く、大きなやりがいと使命感を感じることができる仕事です。

以上のように、医療系を始め福祉系についても専門学校の人気は上昇し続けています。
人気上昇の理由は、社会にとって必要な人材を養成し、輩出し続けているという点で、無くてはならない存在として、地位を築き続けているからではないでしょうか。
今後も医療が発達することによって、様々な技術や知識を持った人材が必要となっていきます。そういった点でも専門学校が果たす役割はさらに大きなものになっていくでしょう。

大阪の美容系の専門学校は縮小気味!?

美容といってもその種類はたくさんありますね。
ファッション、サロン、スタイリストやヘアメイク、ネイル、エステなど。
どちらかというと女性に人気の職業ではないでしょうか。
では、これらの職業に関連する専門学校の状況はどうなっているのしょうか?

「美容師」人気は現在も根強く続いております。10数年前に「カリスマ美容師」という言葉が流行った時期は、美容師人気が最高潮だった時期です。テレビや雑誌でも数多く取り上げられていました。その時期に比べると現在の人気は落ち着いているようにも思います。
「美容師」の専門学校の体制としては、一般的に昼間の課程や夜間、通信制もあります。
学生の状況によって、カリキュラムを選べるのがメリットですね。
またどのような学校を選ぶのがベストなのかという点では、「実績」を基準にするといいでしょう。美容系は特に「技術」や「表現力」を競う様々な全国大会が開催されています。優秀な成績を収めている学校や伝統のある学校に行くと、学生の段階で有力な人脈や経験を積むことになるので、より目指す目標へと近づいていくことができるでしょう。
以上の点で、「美容」系の専門学校は、実績や独自の強みがない場合は、他校に淘汰されていく結果になるかもしれません。学生の目線から、よく吟味する必要があるのかもしれません。

また「エステサロン」や「ネイルサロン」への就職を希望されている方も、女性の中で多くなっているのではないでしょうか。健康や美容についてメディアで報道されるようになり、一層関心が大きくなりました。「美容業界」では個人で店舗を経営される方がどんどん増えて行っているので、もとから独立願望を持たれている方が多いかもしれません。ですが、独立がそのまま成功に繋がるとは決して言えません。個人経営の店舗が多くなっていくと、どうしてもお客様が分散されていきます。お客様が納得し、喜んで頂けるサービスを提供することで、口コミやネットワークなどで人気が広がると繁盛し、利益も拡大していくことでしょう。そういった面でも、様々な美容の知識や技術を習得しながら、他店では展開していないサービスを提供することが、業界の中でも生き残っていくことになるのではないでしょうか。

専門学校での技術や知識習得は「基礎の基礎」を学ぶ、大切な期間です。
社会に進出したときの「自分自身のビジョン」をどう形成していくか、重要になるのではないでしょうか。専門学校時代に自身にとって良い影響やアドバイスを与えてくれる人との繋がりや、経営のメンター・師匠のような存在に出会えるかどうかも重要なところなのかもしれませんね。

大阪で現在増加している専門学校とは?

ここ最近で増加傾向にある専門学校は「医療系」・「IT関連」の専門学校と言えるでしょう。
専門学校の人気のあるなしは、学生が将来的に目指す職業によって左右されているからです。
2017年現在の人気の職業ランキングは、「ゲームクリエイター」がトップに君臨しています。
また2位には「臨床検査技師」がランクインしています。このランキングは都度更新していくので、ランキングの位置は変動していきます。ですが、これら二つの業種は、常に人気の職業ランキング10位内には入っている職業と言えるでしょう。

1位の「ゲームクリエイター」は、その名の通り、ゲームソフトを制作する仕事です。
プロデューサーやゲーム監督、ゲームプランナーなど、様々な部署との連携の中で、世に出す作品が完成していきます。最近ではスマホユーザーの増加により、ゲームアプリ開発の技術もさらに発展していくのではないでしょうか。

さらに人気を裏付けるような形で、大阪に設立されている「IT関連」の専門学校は10校を超えています。コンピューターのシステムを専門的に学ぶ学校や、ゲームプログラマー、ゲームクリエイター、ゲームデザイナーなどの「コンピューターゲーム」に関連するスキルを身につける事ができる専門学校として知られています。

2位の「臨床検査技師」については、医療系の資格です。
医療系の資格は、医療行為を実施する際に不可欠です。また、資格取得によって高収入な仕事に就けることが多くなっています。「臨床検査技師」の具体的な仕事は、医師の指示の下で病気の診断や治療を目的に、各種検査を行う仕事です。検査は大きく「検体検査」と「生理学的検査」の2つに分けられ、「検体検査」は血液や尿、髄液など、体液中の物質濃度や働きの測定と、組織を採取してがん細胞などを調べる内容です。「生理学的検査」は、心電図や聴力など、身体を直接検査するといった内容となっています。

医療系の専門学校では、いつの時代も人気な「看護系」学校。「看護師」を養成する学校や、「放射線技師」や「作業療法士」など、事務系でも「医療事務」資格を取得を目指す医療関係の現場で活躍できる資格を取得できる専門学校が多く存在しています。大阪内ではなんと40を超える医療系の専門学校があります。また、増加している傾向として、社会人でも学べるように、授業時間などを変則的に対応したり、様々なニーズに応える形で増加しています。

以上のように、学生の希望する職業によって専門学校の人気も比例していくという状況がわかりました。同じ業界の中でも専門学校が数多く存在していますので、その学校の「強み」「特色」を把握した上で進学し、希望通りの進路を選ばれるのがベストと言えるのではないでしょうか。